FC2ブログ

「続・れいのあゆみ」FC2blog版

      零の超プライベート日記!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブレーキローター交換

先日12ヶ月点検をやって頂いたのですが、その際に、
「(フロントの)ブレーキバッドの残量が殆どないですよ」
との報告を受けていました。

ので、早速手持ちのパッドをお持ちしたのですが・・・

パッドとローターは一心同体。
パッドも終わればローターも、、

一応パッドを組んだのですが、無限ローターのスリットもほぼ無し。
それに・・・
パッドとローターは一心同体。
え?
それは聞いたって?(笑)

そう、一心同体なんです。
つまり、新品同士組めば問題ないですが、削れ方にクセがありまして。。。
使い古しのローターに新品のパッドを組んでも当たりが出ないケースがあるんです。

で、、、
今回はまさにそのような状態でして、全然ブレーキとして機能しなかったのです。
パッドが水平に当たってない…と言う状態と言えば分かります?

で、
とりあえず、その状態で車輌を受け取り、早速ローターを換装するために手配を…

まぁ、ブレーキは暫く使っていればローターに合わせて削れていきますし、
ローターもパッド形状に合わせて・・・
ですが、折角新品パッドにしたことですし、ローターもそろそろおしまい。
で、その頃にローターを交換したら、またパッドとの当たりが・・・

ということでローター。

純正プレーンかDIXCELのプレーンにしようかとも思いましたが・・・
やはり今回もスリット入り。
確かにDIXCELのプレーンなら13Kくらいで買えたのですけど、
20KほどでKsSpeedの8本入りスリットが買えたので・・

P1000724.jpg


そんなこんなで早速交換しました。

必要な工具。
・インパクトドライバー(インパクトレンチ+専用ビットでも可?)
 (インパクトレンチではなめる可能性があるので不可です)
・プラスドライバー
・17mmレンチ
・14mmレンチ
・ピストン戻し
・M8(だったかなぁ、、)ボルト
・ジャッキ類その他作業工具

こんな感じかなぁ、、、

まずはホイールのナットを緩め、ジャッキアップ。
ウマを掛けてからホイールを外します。

おっと、いつものことですがお約束。

重要保安部品です。
作業は整備士が行うようにしなければなりません。
あえて自分で作業される方は自己責任で。
管理人は一切の責任を負いません


ということで、、、
まずはパッドを外します。
何度か説明してますが、キャリパーの背面を見ると上下2箇所ボルトが止まってます。
で、下側のボルトを14mmのレンチで外します。
すると上側のボルトを支点にして、上に開きますので、表裏のパッドを外すことが出来ます。

今回はその後キャリパー自体を外しますので、パッドは外さなくても
(ブレーキを踏んだ状態でなければ)問題ないかと思ってキャリパーの止めボルトを外したら
ピストンが出ていて外れず・・・
なんて事になりますので、先にパッドを外しましょう!
(ワタシは・・・見事に最初キャリパーの止めボルトを外しました(爆))



パッドが外れたら、いよいよキャリパーを外します。

P1000726.jpg


まずは、ブレーキフルードの通るホースを止めてるクランプを外します(12mmレンチ使用)。
外さなくても出来そうですが、外さないと外したキャリパーを地面に置けないので。

外したら、キャリパーを外します。
ローターの裏側を見ると、キャリパーを止めてる2本のボルトを外します。
17mmのレンチで上下2本のボルトを緩め、最後にキャリパーを
手に持ちつつボルトを外しましょう。
でないと脱落する恐れがありますから(笑)

キャリパーが外れたらいよいよローター交換です。

P1000728.jpg


・・・さっきから写真貼ってますが、全く持って作業内容が。。

だって、弩ピーカンで作業を如何に早く終わらせるか。。。
そんな状態でしたので。。。

で、ローターの脱着。

ホイールを外すとローターが見えますが、ローターは2本のボルトで止まってます。
で、これはプラスドライバーで外せそうなのですが、さにあらず。

非常に固着してるケースが多いです。

ので、ここでインパクトドライバーが登場です!

が、如何にインパクトドライバーとは言え、如何に叩くかがキモ。
ということで自分でも大きなハンマーを2本持っていたのですが、
結局はみっち~さんから2kgほどのヘッドを持ったメタルハンマーをお借りして
作業しました。

で、インパクトドライバーをあてがって、大金槌でインパクトを叩きました。。。。

が、、、

最初はうんともすんとも言いません。。。

ちょっと焦り始めた数度目の打鍵の時に。。。
ぐっ!
回った。。。
なんとなくですが、、、
まっすぐ当て叩くよりも若干斜めに打った方が回りやすいような気がします。

で、僅かでも回ったのを確認出来たらインパクトの出番は終了。
あとはフツーのドライバで回せます。

2本止まってるのを外したら、止めビスが止まっていた2箇所の穴ではない
2箇所の穴にM8(ごめんなさい失念)ボルトを刺して、ねじ込んでいきます。

これは、ハブとローターも固着してるためで、、、
しなくてもひょっとしたら外れるかもしれませんけど、念のため。

ねじ込んでいくとローターが前に浮き出てきます。
こうなればあとはローターを水平に手前に引けばローターは外れます。

多分この作業をやる方は既に新品ローターの重さを肌で感じてるでしょうが、
ローターをハブから抜く時にローターは重たいですので、しっかり持ちましょう!

そんなこんなで摘出完了。

P1000722.jpg


続いて新品ローターの装着。
まずは、ローターの装着面にモリブデンを塗っておきます。
そうすれば次回の作業の際に固着で外れない・・・と言うケースが少なくなります。

おっと・・・
話しは前後しますが、ローターの洗浄。
防錆オイルが塗ってあるケースもありますので、パーツクリーナで洗い流します。
スリットローターの場合は更に削りカスを落とす効果も?!

で、ハブに慎重にローターを填めていきます。

ガタツキ無く着いたら、先程インパクトで外したビスを2本フツーのドライバーで止めます。
これはインパクト等でトルクを掛ける必要は有りません。
普通に堅く締まればOKです。

あとは先程の手順とは逆に、キャリパーを装着し、ホースクランプを止め、
パッドを装着すれば完成です。

そーいや、キャリパー装着の際、ピストンが古いローターの厚みに合わせて飛び出てますので、
ピストン戻しでピストンを押し込む必要があります。

私はピストン戻しを持ってないので、古いパッドと長いレンチを使って
てこの原理でピストンを戻してます。

そんなこんなで・・・

P1000734.jpg


あとは、ホイールを元に戻して片側完成です。

P1000739.jpg


作業自体は難易度は高くないですが、止まるという一番重要なパーツですので
慎重に作業しましょう。自身が無ければ整備工場へGO!ですぜ!
また、有る程度工具がないと厳しいかも。。。

そんなこんなで作業も1時間弱で完了しました。
あとは、テスト走行。
ちゃんと効くか確認しましょう!

ただ、新品パッドでないと、若干~大きく当たりが悪いですし、
新品同士でも当たりが完全にはすぐには出ません。

ので、換装作業後暫くは、急ブレーキを行わなければならない運転は控えましょう。

ということで、今回の作業。
前述の通り難易度は高くはありませんでしたが、やはり暑い中では
日射病。熱射病の危険がありますので避けた方が良いかと(笑)

でも、結構楽しい作業でした!





Special Thanks

TAKEさん
みっち~さん
  1. 2006/07/15(土) 23:54:05|
  2. 車関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<07月16日の夢久占い(BlogPet) | ホーム | 旅行準備の前に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seasidegarage.blog27.fc2.com/tb.php/674-832e0817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


現在の閲覧者数:
↑ホームページへはこちらから!↑

零

Author:零

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

Mail to

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    瞬ワード


    夢久の一言






    占いブログパーツ

    QRコード

    QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。